海外で医療を受けたとき

イラスト 海外派遣や海外出張中の人も、国内にいるときと同様に健康保険の給付の対象になります。ですから海外にいる期間も保険料を徴収されています。
 ただし、海外には日本の保険医がいませんので、いったん海外の医療機関に医療費を立て替え払いしたのちにそれを証明する書類(医療機関の診療内容明細書、領収明細書、パスポート等海外渡航の事実が確認できる書類の写し、海外の医療機関等に照会を行うことの同意書など)を健康保険組合に提出して、療養費扱いとして払い戻してもらうことになります。
診療内容明細書には日本語の翻訳文を添付して下さい。翻訳文には翻訳者の氏名、住所の記載が必要です。

申請書類はこちら

海外療養費支給申請書

書式PDF 書式WORD 記入見本

書類提出上の注意事項

[書式PDFの場合]
  • A4用紙で全てのページをプリントアウトしてください。
  • 該当欄記入後、必ず自筆署名、捺印の上、提出してください。
[書式EXCEL・書式WORDの場合]
  • ご自分のPCに一旦ダウンロードしてください。
  • 該当欄入力後、全てのページをプリントアウトしてください。
  • 氏名を入力した場合は、必ず捺印の上、提出してください。
[共通]
  • 申請書は健保に直接ではなく、総務・人事担当者または会社指定の社会保険労務士事務所に、提出してください。
    なお、☆印の一部申請書は直接健保に提出しても結構です。
  • マイナンバー制度の情報連携開始に伴い、一部の添付書類が省略可能となります。
    詳しくは健保までお問合せください。なお、手続きを早くしたい場合は、従来どおり必要書類を添付の上、申請してください。
Adobe(R)ReaderLogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

関連のページはこちら

立て替え払いをしたとき

→関連のQ&Aはこちら
このページの先頭へ
Copyright© 2008 POLA・ORBIS-kenpo, All Rights Reserved.